やっと終わった

長い旅であった。

 

と言っても半年強くらいなわけなんだけど。

 

いやぁ、終わりましたよ。

終わりました。

やっとだよーもう勉強しなくていいのかと思うと心が踊るわ。

 

さて、なんの試験かって話。

 

実は、こう見えて(どう見えて)

ケアマネの試験を受けてきました。

 

社会人になる前からずーっと福祉業界に携わってきました。

言うても5年ほどなんだけど。

 

来年度から資格取得可能な条件がまた少し変わって難しくなっちゃう、というか俺は少なくとも数年は受けられなくなっちゃうから

そんなプレッシャーも一緒に持って受験してきました。

 

あれなのね。

めっっっちゃ受ける人いるのね。

 

地元に近いけどあまり行かないローカルな駅が最寄駅だったのよ。試験会場のね。

当日の天気は快晴、あったかくてすっごくいい日だった。

 

電車で最寄り駅までは行ける。これは完璧。

でも、駅から会場まで大丈夫かな…

そんな不安を抱えながら行ったわけ。

 

したら、なんのこっちゃない。

普段は絶対そんなに歩行者いないっしょってくらいローカルな駅だったんだけど

 

もはや蟻かよってくらいの人がさ。

迷いもせずに前だけ向いて真剣な表情で流れてた。

 

あ、もういいやナビ見なくて。

ってなった笑

 

ふと思ったんだけど。

みんな疑いもせずについてってたんだけど、

先頭の集団の目的地がそこじゃなかったらどうするつもりなの?っていう笑

 

よくあるよね、集団心理的なの。

みんなが例えばどこか一点を見ていたら、自分もつられて見ちゃう、みたいな。

列があったら並んじゃう、みたいなさ。

 

まぁ、そんなこと思いながらも内心はドキドキのバクバクで歩いて行ったさ。

 

途中の階段で緊張なのか疲労なのかわかんないけど息が切れちゃって死ぬかと思った(それただのデブ)

 

試験会場は大学になるんだけど、多分現役の大学生が協力してくれてるようで、看板持って立ってくれてたり道案内してくれてたりと大活躍してくれてたおかげであまり迷わずに自分の教室まで行けましたよ。

 

いやぁ、綺麗なところだった。

環境はとてもよしだった。

 

ひとつ驚いたことがあって。

試験中、問題解いてる真っ只中でもトイレ行けたんだよ。

 

すごくない?

 

普通はカンニングとかになるからって途中退室からの戻りって不可能だよね?

 

っていうのも、トイレ行ってから試験に臨んだのに途中急速に膀胱満タンになりやがってですね。

 

問題文が頭に入らなくなってきたところで降参して、怖かったけど、教室内をグルグル見回ってるメガネかけた試験官の男性のおじさん先生に聞いてみた。

 

したら、すげー笑顔で快諾してくれて教室から出してくれるという。すげーな。

 

廊下からはリクルートスーツに身を包んだ真面目そうなメガネの大学生の女の子がついてきてくれて、トイレ前の廊下で待っててくれるという。

 

なのに我慢しすぎてたせいで2分くらい尿が止まらないという。

 

これはもはやただの羞恥プレイだった。

 

おかげ様で悟り開いたかの如くスッキリした状態で試験を再開出来たわけであります。

 

なんの話だって話なんだけど。

 

でも、あれだよね。

トイレの話の延長戦で悪いけど、

意外と先入観とか固定観念とかでこれはダメだとかいいとか勝手に判断してるけど、

勇気を出して聞いたりやったりしてみたら、

「意外と平気じゃん」ってことが多いよね。人生って。

むしろそれを知らないと損したり辛い思いをしたりすることもあるという。

 

必要なのはいつでも

勇気を出すことと、自分に素直であることだ。

そうである限り、人生は自分のものであり続ける。

 

試験の結果発表は11/28らしい。

それまではもうほんと羽ばたく勢いで人生楽しむぜ。

 

※サ◯エさんのキウイバージョン

f:id:jagaino:20171010012100j:image

ジャン♪

 

 

試験勉強中にふと

ご無沙汰してまする。

 

只今資格取得のための試験勉強が大詰めになってきておりましてですね、

 

勝手ながら長い文章は打てないのだけど

 

ふと思ったことだけ書き逃げするね。

 

出会ったなら、失うことはない。

流れていくことがあっても。

見えないところへ行ってしまったとしても。

出会った瞬間から、あなたの中のそれは

忘れ去ってしまうまで、あなたのものだ。

忘れ去ってしまったとしても、あなたのものだ。

あなたのそれは、あなただけのものだよ。

あなたも、あなただけのものだよ。

 

って、矛盾してるような感じだよね。

ふと、思ったんよ。

 

さて、勉強がんばろ。

みんな誰のために生きてるのって話

まさかこのブログを見てくれてる人がいるらしいことに驚きと喜びが隠せない。

 

ありがとう。

 

自分のための独り言だけど、よかったらゆっくりしていって。

 

今日は夜勤だけだから日中秋の風を感じながらゆったり過ごしてすんごい幸せ。

 

今年に入って初めて1人の時間を持てるようになって思うんだけど、

 

人生にルールなんてないんだなぁって。

生きてれば、ただ生きてさえいれば人生って素晴らしいなって。

 

そう思った。ふと。

いやじわじわだな。

 

偉くならなきゃ

いい会社入らなきゃ

いい学校出なきゃ

いい人でいなきゃ

社会貢献しなきゃ

友達100人作らなきゃ

稼がなきゃ

いいもの食べなきゃ

フェイスブックだインスタグラムだ

ラインが鳴ってる、電話も鳴ってる

友達とランチ行かなきゃ

仕事行かなきゃ

親の期待に応えて

結婚しなきゃ

子ども産まなきゃ

才能開花しなきゃ

ルールを守って

いい人生を

いい時間を…

 

俺は本気でこういうことばっか考えてた。

インスタグラムとフェイスブックはやってないからわかんないけど。

 

自分が本当にそうしたいかって言われたら、別にそんなものに興味はないのに。

 

じゃーなんでそう思ってたの?

って聞かれたら、なんでだろうな。

 

強いて言うなら、

「他人の目と評価が生きる意味」

だったからかな。

 

自分の物差しなんてどっかいっちゃってたな。自分で埋めて隠して見ないようにしてたのかな。自分の思う通りに生きるって、わからない人からしたらただ怖い、不安なことだもんな。

 

そうやって生きてきたにも関わらず、俺の人生を振り返ると真逆を地でいってたから、その時の俺には衝撃だった。

 

他人に作られた借金背負って

大学の専門分野と全然関係ない仕事ついて

結婚意識してた女性のために転職した途端振られて

支払いに追われて給料入った途端全額出て行くし

親とも数年不仲だった

 

今にして思えば、自分で選択せず、満足して歩いてこなかったからいつでも不満たらたらで、他人任せで他人のせいにして生きてた。

自分の全てを他人の責任にして、自分の悪いところは他人のせいにしてた。

 

これじゃ、悪くなっていくのが当たり前だよね。でも、気付かなかったんだよね。あの頃の自分はさ。

他人のせいにしてることすら気付かなかったんだから。

 

それが、強制的に1人になって、自分の人生見つめ直す時間が出来て。

ほんで、いい意味で諦めて受け入れたら、消えないものもあるけどほとんど楽になって問題じゃなくなったんだ。

 

俺は俺を生きるために生まれてきたんだ。

 

いいか悪いかは全く関係なく。

凄いか凄くないかも関係なく。

平凡とかつまらんとかそういったものもぜーんぜん関係なく。

 

自分の意思で歩いているか

自分の意思で選んでいるか

自分の人生楽しめてるか

 

ただそれだけだったんだ。

 

借金とか失恋とか仕事とか。

そういったものは俺の評価を何1つ下げないこと。下げてるとしたら、それは自分で勝手に下げてるだけだってこと。

 

むしろ、評価という概念すら必要ないか。

俺は俺。自分は自分。自分の人生は自分で生きてさえすれば、どうなっても最高。

 

だって、自分の人生を生きるために生まれてきたのだから。

 

カスタムは自由。トッピングつけたきゃつけたいだけ。つけたくなきゃ素材の味を楽しんで。

 

他人は他人。親でさえ、親の人生がある。

 

自分の人生を生きれるのは自分だけ。

あなたはあなたであるだけで素晴らしい。

好きなように、好きなように。

 

f:id:jagaino:20170903163015j:image

 

自分が一番好きって冗談じゃなく本当に有能だと思うんだ。

自分が一番好きっていう人いるじゃん?

 

俺、そういう人って一括りで「ナルシスト」だって思ってた。

 

なぜなら、ボキャブラリーも柔軟な思考も持ち合わせてなかったから。

 

だから、自分が知ってるナルシストの言葉の意味や印象をそのまま投影して、「自分を好きな人」って「恥ずかしい人」だって思ってた。本気で。

 

まぁ中にはきっと本当にそれに当てはまっちゃう様な人もいるのかもしれないけど、今回はそのジャンルは置いといて。

 

自分をちゃんと好きでいるって、言葉だと簡単でシンプルだけど、凄いことだよね。

 

凄いし、難しいし、才能だよね。もしくは努力と勇気だよねって、最近すげー思うの。

 

俺は、今までずっと他人に自分の価値を見出してたというか、酷い言い方すれば自分の価値を他人任せにして完全に委ねちゃってたわけ。

 

だから、恋人とか親友とか頼れる上司とか、自分の中で特別な人ってのがいて初めて自分の価値や生きる意味、もっと細かく言うといちいちの行動の方向性を決めることが出来てたわけ。

 

ところがどっこい最近ほぼ自分の全てを預けてた恋人と他人に戻ることになって

 

それが物凄い考えさせられる期間になってるわけなんだけど

 

まず、俺自身の価値が見つけられない。わからない。これに今も頭を悩ませてんだけど

 

冗談抜きで、「自分がどんな人間なのか」っていう、所謂アイデンティティがちゃんと確立できてなかったことに気づいたわけ。

 

そして、そんな自分が好きになれない自分にも。

 

自分を好きでいることって、自分をちゃんと知ってることが前提になるよね。

 

嫌なところ、不出来なところもまるっと認めるよって、そんな自分でいいじゃないって心底思えてるってことだと俺は認識してる。

 

だから、自分を一番好きでいられる人って、他人に自分の価値を委ねたりしない、しっかりした自分をちゃんと見つけられてるって証。

 

もちろんそうじゃなく自分を好きな人も沢山いるだろうけど、それは今回は置いといて。

 

自分を好きでいられることって、宝だよね。

 

ありのままを受け入れられたなら尚の事。

もしその境地に立てたら、ちゃんと報告するね。

ナマケモノ的な

おはよー。

 

最近、職員の欠勤が続いててさー

お陰様で日勤削って足りなくなった夜勤に補充で入ってるんだけど

 

そーなると、日中ぐーたらしちゃうわけ。

昼夜逆転スリーランホームランって感じ?

 

日中最低限の家事終わらせたらもう腐るまでYouTube三昧決め込んでみたりして。

 

「こいつマジ終わってんな」

 

って思う?

俺は思った。(笑)

 

まじなんのために生きてんだコラ

 

とか

 

試験勉強しーやボケカス

 

とか。

 

でも、この生活に限らず

「人間として終わってんなー」

って思うことって他にもあるじゃん?

人に迷惑をかけないことに限らせてもらうけど。

 

それが”終わってる”って、なんで思うのかな?

そもそもなんで終わってるのかな?

それがなぜいけないこと、なのかな?

 

例えばおてんとさん出てるのに家でぐーたらしてる、とか。

 

例えばごはんよりお菓子が好きでお菓子ばっかり食べる、とか。

 

例えば仕事サボって楽しいこと優先する、とか。(あ、これは迷惑かけてるか)

 

もっと大なり小なりいっぱいあることだと思うんだけどね。

 

これらが、なぜ「いけないこと」なのか、深く考えてみたことある?

 

俺はなかったんだけど。

 

これ、深く考えてみたら、答えられなかったよ。

 

みんなも考えてみて。

いい考え方が浮かんだら教えてよ。

 

なぜ、それはいけないことなのか。

小難しいこと言わないでさ

人生ってさー

 

「努力してなんぼ」

 

って、本気で思って生きてきたんだよね。

だから自分は努力してきた、じゃなくて、

 

努力する事を早々に諦めて拗ねる

 

っていうか。

お金を稼ぐ事が特にそうなんだけど、

努力して、自己犠牲払って、我慢して、ガマンして、がまんし…て…

 

そうやって生きている人がやっと対価として手に入れるもの=お金

 

だと本気で思ってた。

いや、正直に言えば、まだ少しそう思ってる。

 

でも、わりかし世の中に浸透してるこの考え方が、実は違うかもしれないって事に気付き始めてる。

 

楽しい事、自分が心から好きな事、熱中できる事を仕事にして稼げるのかもしれないって、心がザワザワし始めてる。

 

今のところは俺にそのつてや見込んでる才能とかがあるわけではないんだけど、

 

これから見つかる気がしてる。

 

そのために何が必要なのか。

俺は俺なりに人のブログ読んだり周りの人と話したり考えたりしてる中で

 

”自分を知ること”

”ダメで許せないところを受け入れること”

”自分を好きになること”

 

要は、自分を知り受け入れること

 

これが世界を動かすんじゃないかと感じ始めてんだ。

 

「は?当たり前なこと言うんじゃねー!!」

 

って思う人もいるかもしれないけど、

実際、どれだけの人がこれらを出来てるのだろうか。知る由もないんだけど。

 

自分の感情を大切にしてる?

自分のこと許して受け入れてる?

自分のワクワク、楽しい、嬉しい、悲しい、寂しい、辛い、とか、いろんな感情を否定せずに感じ切ってる?

自分の好きなこと知ってる?逆に嫌いなこと知ってる?

 

俺、何にも知らねー。

何にも着手してこなかったわ。逃げてた。

不安や恐れ、向き合わなきゃいけないこと、知るべきなことからいい感じの理由つけて逃げてた。ずっと。

 

でも、今やっと逃げてた足を止めて、周りを見ようとしているようだ。

まずはまさに状況把握してるとこ。

ここ、どこ?

てか、何から逃げてたんだっけ?

 

遅いとか早いとかない。

今がいつでも最良のタイミング。

 

あとはやりたいことやって、楽しむだけ。

 

f:id:jagaino:20170818000052j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動き始めるのか

復職の夜勤前に本職の日勤が急遽入って

数時間仕事こなして帰ってきて

 

「俺、なんか違うことしたいのかも」

 

って唐突に感じてみちゃったりなんかして

唐突すぎて自分でもついていかん。

「はい?」って即座に反応してみたけども

 

折角心が主張してるんだから、解析してみる余地はあるよねって思った。

それが例え何かからの逃げだっとしても。

逃げてるってことは、不安とか寂しさ、悲しさが隠れているはずやし。

 

折角心が動いているんだから、

わしっと掴んであげないとね。

 

確かにこのままでいいなんて、これっぽっちも思っちゃいないしな。

 

いつでも純粋なワクワク、楽しい方を選択していきたい。

 

自分を大切にするって、きっとそういうことも含まれるだろう。

 

さ、やりたくないけど金になる!

そんな自分を大切にしてないの丸出しな夜勤、乗り切りますか

 

f:id:jagaino:20170813181932j:image